接続環境を把握してから解約

プロバイダ業者を選ぶ基準として、回線速度の速さを重視する方は少なくありません。回線速度が遅いとインターネットを利用していてもストレスを感じてしまいますし、ビジネスでインターネットを利用している場合にはそれが直接的な損害に結びつくことも考えられます。そのため、多くの方は少しでも回線速度の速いプロバイダを選んでいますが、実際に利用してみて期待通りの回線速度を得られず、結局解約してしまった、という話も多々あります。しかし、これは一概にプロバイダだけに問題があるわけではありません。

toppa(トッパ)は回線速度に一定の自信を持つプロバイダ業者ですが、そのtoppa(トッパ)ですら回線速度が遅いと解約に踏み切る方はいます。しかし、こうしたケースでは、プロバイダ側に問題があるのではなく、使用しているパソコンにウィルス対策ソフトが入っていたり、無線ランを利用していることが原因で速度が遅くなっていることも多々あるのです。セキュリティ対策ソフトが常駐している場合などは余計なメモリを消費してしまいますし、無線ランだと有線接続よりも速度が遅くなってしまいます。一概にプロバイダだけのせいにせず、まずは接続環境についても把握しておきましょう。