プロバイダを解約する前に

プロバイダ業者の数も年々増え、現在では国内だけでもかなりの数のプロバイダ業者が存在します。プロバイダ業者というのはインターネット接続を行う業者のことを指し、プロバイダとの契約をすることによって初めてインターネットを利用することが可能となるのです。また、多くのプロバイダ業者が様々なサービスやキャンペーンを打ち出しているため、人によっては今現在利用しているプロバイダを解約して別業者に乗り換えたいと考える方も少なくありませんが、解約前には違約金の有無などについてもしっかりと把握しておきましょう。

現在国内にはtoppa(トッパ)のような低価格で回線速度の速い業者から、老舗のプロバイダ業者まで様々な業者が存在します。それぞれの業者で解約時に違約金が必要となるかならないかは違いがありますが、toppa(トッパ)の場合だと最低利用期間内に解約してしまうと違約金が発生することがありますから注意が必要です。しかし、これは恐らく多くのプロバイダ業者で同じであることが多く、最低利用期間内に解約申し込みをしてしまうと違約金が生じることがあります。そのため、契約時には最低利用期間がどれくらいなのか、ということを把握しておきましょう。

Toppaの解約と支払について

とっぱは、フレッツの光ファイバーやADSLによるインターネットプロバイダーサービスと、モバイル通信などのサービスを提供しています。インターネット環境を利用しやすくするために、3つ分の無料メールアドレスの提供や、ウィルス対策、セキュリティ対策も提供が行われています。さらには、無線LANのレンタルサービスも行っています。このように利用価値の高い「とっぱ」Toppaですが、場合によっては解約を行いたいと考える方もいます。そのような場合、契約者本人が電話やメールを利用して連絡を行い、契約解除を行うことになります。契約解除に当たっては、契約解除料金や違約金などの支払が発生することになります。契約解除料金は、契約当初に定められる2年から3年の最低利用期間内に、自己都合によって契約解除を行った場合に発生する料金のことを指します。また、違約金は、レンタルで貸し出されていた無線LANなどを返却しない場合に貸せられるペナルティとなります。そのため、契約の解約に当たっては、これらの支払が発生することを念頭において連絡を行う必要性があります。また、契約時に利用していたサービスも同時に使用不可能になるため、利用を行っている場合には、その点も考慮することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です